CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 安心 | main | 山守塾 >>
貧困
「生活保護121万世帯に」 朝日新聞 平成21年8月28日付け

先週、湯浅誠氏の講演を聞く。
(第11回信州岩波講座2009・講座供

昨年末の「年越し派遣村」村長としてメディアに取り上げられた
が、彼は自分の職業を「活動家」として位置づける。
いまの社会では少なからぬ人たちが排除され、しかも排除
されると簡単に生活が成り立たなくなる、生きていけなくなる、
そういう「すべり台社会」であるという現状認識。
これに対し、おや?何故?と思うことについて掘り下げ、
いろんな人たちに呼びかけ、仲間を集め、広く社会に訴えること、
「私たちはこういうやり方がいいと思うんだけれど、皆さんは
どうですか?」と問いかけていく人を「活動家」と定義する。

講演時間の多くを「自己責任論」に向ける。
「ちゃんと真面目に働いていればこうならなかったんじゃないの」
「どこかに甘えがあったのでしょう」
それはどこまでいっても自分自身に問い続ける。
「イスとりゲーム」で全員に行き渡るイスがないことに目を向け
ねばならないこと。
結局誰も彼も「足りない」、満ち足りない社会であることに
気がついて欲しい。

最後に、安全の度合いを示す「(相対的)貧困率」の調査の
実行を政府に求め、事実を受けとめることが貧困問題のスタート
ラインに立てることと締めくくる。

生き生きとしてエネルギッシュな湯浅さんの話に、惜しみない
拍手をみんなが送った。

『見えないことが無視につながり、逆に、関心は尊重につながる』
湯浅氏が大事にしているジャーナリスト・グリンバーグ氏の言葉。

参考文献:

「どんとこい、貧困」 湯浅 誠著 理論社発行
「反貧困」 湯浅 誠著 岩波書店発行
「ルポ貧困大国アメリカ」 堤 未果著 岩波書店発行
「正社員が没落する」 湯浅、堤共著 角川書店発行
| 社会 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyu-site.com/trackback/984486
トラックバック